ログハウスを満喫しよう

ログハウスを満喫しよう

ログハウスのメンテナンス

ログハウスは外国にいるような外観で人気ですが、メンテナンスをしないと台無しになってしまいます。塗装は最初は2・3年に1回、その後は5年・10年に1回行います。木材の吸収を阻害しない含浸タイプの塗料を使います。ログハウスは壁にたくさんの凹凸があるんで、上から水をかけて汚れやホコリを洗い流します。水で濡らすので洗浄後1日は置いて、完全に乾いてから塗装します。ブラッシングは木材を傷めることもあり、できれば避けます。最初は小さいハケを使って窓やドアなど入り組んだ細かい部分から塗ります。2度塗りすることで色ムラを防ぎ、雨にも強くなります。長く建っていると壁が下がりますが、柱など縦に伸びるものは長さが同じです。壁と柱では高さに違いが出るので、柱の上か下にスクリューボルトを設置して、壁が下がったらナットを緩めます。窓やドアは壁が下がった時に備えてセトリングスペースを確保しています。トリムボードはセトリングスペースを隠してデザイン面を向上させていますが、問題がある時はスライドして取り外します。また壁が沈むと2階部分の床も下がってしまいまう。階段の下にはスペーサーボードという高さを調整する板があるので、バランスを見ながら板を外します。

ログハウスの魅力や種類

木のぬくもりを感じたいと考えて、木造の家に住むことを選択する人もいるでしょうが、和のテイストではなく、外国テイストの家が好きだという人にはログハウスが向いています。
ログハウスは、丸太小屋と呼ばれるだけあって、もとの樹木の形が残されているような造りになっているため、単純に木の家というのは出はなく、材料の良さを生かした味わい深い家になっているのが特長的です。
なお、住まい選びの際には、ホテルのような魅力を求めて高級マンションを選ぶ人もいるでしょうが、ログハウスの場合ですと、観光地に佇むペンションのような雰囲気がありますから、ホテルのように変に生活感を感じることがなく、これはこれで独特の魅力があるものです。
なお、結構バリエーションがあるのも見どころの一つで、四角い形状をした家もありますし、三角屋根の家もあります。また、三角屋根のタイプの中には勾配天井のタイプの家もあるなど、細かな違いもあります。
その他、ドーム型と言うとても変わったタイプもあり、かなりインパクトがあるものです。
ちなみに、ログハウスというのは、住まい以外のさまざまな施設で活用するのにも向いている建物で、実例としては、飲食店で採用されることがある他、公園施設などでも採用されています。

recommend

ADHD
http://kidshug.jp/
アンドモワ株式会社
http://www.eaeaea.net/
新宿 皮膚科
http://www.shinjyuku-hifuka-manga.com/
ボディメイク 名古屋
http://energy-super.jp/
ニュージーランド 高校留学
http://www.kaigairyugaku.biz/flag01/education/edu03/newzealand.html
寿司 宅配
https://www.maishoku.com/ja/takeaway/sushi_delivery/
医療脱毛 口コミ
http://www.datsumou-osusume.com/voice/
名古屋 ジム
https://www.energy-gym.com/

最終更新日:2016/9/7

ログハウスのメンテナンス

こどもと暮らすログハウスの生活

ログハウスを建築する魅力とは

ログハウスのセルフビルドキットについて

田舎でログハウスを建てるメリット

お問い合わせ